« またの出費 | トップページ | またまたの出費 »

2005/02/12

携帯電話のカメラ画像

「○○万画素のデジカメなのにっ!」
と、店頭やネットオーダーのプリント受付・お渡しの時にお客様から最近よく言われます。意外と携帯電話をカメラ代わりに使う人って多いようです(中には工事の現場写真があったりする)。

 その画像を見てみると、携帯電話で写した120X120やら240X320のサイズの小さいものばかり。一般の写真店にある300dpiのミニラボ機で、Lサイズ相当に等倍出力しようとすると、1500X1050(200万画素相当)ぐらいの解像度が必要となりますから、画質が悪いのは当たり前。さらに、同じ解像度で撮影しても単体機に比べて、『カメラ付き携帯』は撮像素子は一回りも二回りも小さいので受光面積が狭く、よって画質が悪かったりします。

 ちなみに、300dpiで等倍出力すると、ドコモの携帯を例に、i-shot Sモード120X120(1.4万画素)約10X10mm、QVGA(スクリーン)モード 240X320(7.6万画素)約20X37mm、i-shot Lモード288X352(約10万画素)約24X30mm、VGAモード480X640(30万画素)約40X54mm・・・という具合です。サービスサイズL判の大きさが89X127mmですので、いっぱいにするとかなり拡大されます。拡大率が大きいと全体的にぼやて見えたり、ジャギーが目立ったり、ピクセルがモザイク状な感じになります。これをキレイにしろということになれば、CG技術を駆使して作業することになりますので、とっても1枚十数円のサービスサイズの仕事ではできません。

 ということで、プリントを前提に携帯電話で撮影するときは、その機種の最大解像度でかつ最高画質(スーパーファイン・ファイン・ノーマルモードなどのスーパーファインモード)が適しているということになります。大きな画像ですと、後にトリミングやポストカードに加工などの後処理もぜんぜん楽になります。

 メーカーや販売店に言いたい。、『高画質○○万画素カメラ搭載携帯!』なんてテレビCMやカタログで『これは凄い。高機能。』みたいな宣伝をしていますが、取り扱い説明書などには写真屋で注文ないし自宅のプリンターを使ってプリントするためには、『解像度をこれぐらいで撮影してください』なんてちゃんと説明があるのかな?無いのならちゃんと目立つように明記して欲しいし、(説明書をよく読まないで使う方も多いので)販売店でも一言ぐらい説明してくれてもいいなと思うのです。 そうすれば、お客様に残念な思いをさせずにすむと思うのですけど、いかがでしょうか・・・?

|
|

« またの出費 | トップページ | またまたの出費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65879/2897963

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のカメラ画像:

« またの出費 | トップページ | またまたの出費 »