« 黄砂に吹かれて | トップページ | 桜とモクレン(ニコンD70S) »

2005/04/24

DAHON HELIOS P8(その2)

DSCN2420
 ゼファールのHF635Wビジョンフラッシングライトです。
 ハンドルの曲がりが近いので取り付ける場所が少ないです。無理やり取り付けたのでブラケットがちょっと斜めになってしまいました。何か対策をしないといけないようです。

 自転車通勤1日目。今日は1日中晴れの予定。

 フロント53Txリア11Tというロードレーサー並みのギアが踏めるか心配だったのですが、小径ホイールのせいか意外に軽く踏めます(実は小径車はこれが初めてだったりする)。シフトするのを忘れてトップギアのままでも結構軽く進みます。チェンジもいたってスムーズ。

 低速では結構ふらつきますが、スピードに乗るとかなり安定してきます。それでも手放し運転は無理だろうな・・・(平衡感覚が鈍くなったかも)。

 しばらく忘れていた風を切る間隔。うーん、やっぱり自転車はいいなぁ~。なんて思いながら走っていると、がたがたがた。車道を走っていたのですが道の悪いこと。冬の間にあちこちひび割れたり穴が空いていたりします。全く何とかならないものかなぁ~。

 もうすぐ会社というところで、前の歩道を走っていた二人乗りのアベック(中坊かな?)がいきなり車道に進入してきました。危うく接触!「おいおい、ちゃんと後方確認しないとだめだよ。転んで後ろの女の子に怪我させたら、あんた責任取れんの?」なんてつぶやきながらも到着。所要時間約30分。降りたら膝ががくがくしていましたが、いい運動になりました。

DSCN2423
 ゼファールのスーパービジョンXF626テールライト。
 上のヘッドランプとセット品でした。ランプ単体と同じお値段でお得。太いシートピラーにしっかりと着きました。

 帰りは別ルートをたどっていくことにしました。行きはいいのですが、帰りはどのルートをとっても登りがあります。急な上り坂を登るか、緩やかにだんだん登るか。今日は後者をとりました。

 今度の道は国道なので、整備状況がぜんぜん違います。自転車通行可なので歩道を走りました。走りはいたってスムーズ。でも、やっぱり登りはつらい。ぜいぜい息が上がります。昨年700cの自転車でここを登っていたときに、ミニサイクルのおっさんに抜かれたのがショックでした(こっちは21段変速だったのに)。今年はもう少し鍛えないと・・・。なんて考えていると、無灯火のマウンテンバイクに抜かれました。危ないからライト点けようよ・・・。

 往路の道が悪かったせいなのか、サドルが固いせいなのか、お尻が結構痛くなりました。末期的症状にならないうちに何とかしないと・・・。シートピラーが独特の形状なのでサドルを替えるとなるとピラーごとになりそうです。困ったな・・・。

 かかった時間は、約40分。結構がんばって走ったのですが、やっぱり登りはきつい。

|
|

« 黄砂に吹かれて | トップページ | 桜とモクレン(ニコンD70S) »

コメント

すごーい! 憧れの(?)ちゃり通ですかー
私はまず寒さでダメだねー
今のこっちの気候でなんとかちゃりでもよくなったけど、黄砂が来ると今度は目(コンタクト)にごみが入ってもうだめ。
続けてください。 健康にいいよねー でも無理すると膝にくるかも!って自分と一緒にしちゃだめだよねー(笑)

投稿: こり | 2005/04/25 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65879/3842115

この記事へのトラックバック一覧です: DAHON HELIOS P8(その2):

« 黄砂に吹かれて | トップページ | 桜とモクレン(ニコンD70S) »