« 1/15 いきなり家がにぎやかに | トップページ | 竹本泉 ねこめ~わく »

2006/01/16

1/16 車をぶつけられる

 久しぶりに激高してしまいました。

 銀行へ行った帰り道。感応式信号(ここは変わるまで長い)が青に変わるのを「ぼぉーっ」として待っていました。たばこの灰を灰皿に捨てようとして下を見ていたら・・・っ

「ごつん!」

「へっ?」

 右前側の中華食堂の駐車場からバックで出てきた軽トラに車をぶつけられてしまいました。あわてて、降りて前を見ますとヘッドライトのカバーとバンパーにこすりキズが・・・。相手の車は気付いていないのか、降りてきません。そのまま、相手の車の助手席ドアをばんばん叩いて・・・

「今、車をぶつけたろ?ちょっと降りてこい!」

 乗っていたのは、じいさんでした。ぶつけたのに気づかなかったと言っていますし、あたしの車が止まっているのが見えなかった(?)そうです。でも、「ごんっ」とはっきりした衝撃はあったし、ほんの2・3メートルのところに停まっているあたしの車に気づかないはずはありません。ちゃんと後方確認もしないでバックしてきたはずです。

「どこ見て、運転しているんだ!」

「こんなに近くにいたのに見えないわけないだろっ!ちゃんと確認しなかっただろっ!」

「ぎゃんぎゃん」わめくあたしにおじじは小さくなっていました。

「弁償しますから・・・」

んま、コンパウンドで磨けば取れるぐらいのキズでしたし、ここは交差点で渋滞の元にはなりたくなかったし、それにこんなやつとこれ以上関わり合いになるのが面倒くさかったので、

「んなもん、どうでもいい!」

「そんな運転しているとそのうち人轢くぞっ!気をつけろ!ばあぁろおぉめぇっ!」

と、捨てぜりふを吐いてあたしは会社へ戻りました。でも、今日は一日気分が悪かった。呼びに行かなかったらそのまま逃げる気だったのかしらん・・・?

 会社の人々には、「直してもらえば良かったのに」と言われてます。

|
|

« 1/15 いきなり家がにぎやかに | トップページ | 竹本泉 ねこめ~わく »

コメント

怪我はなかったですか?
しかし、マジ運転免許は定年制にすべきだと思うのです。 歩くのもやっとのようなお年寄りが運転している車、怖い、怖い!こんな田舎だと自家用車がなきゃどーにもならないのはわかるけど、それでもやっぱり年取ったら車に乗ってほしくな~い!と思います。
自分も会社辞める頃は車の運転も止めたほうがいいだろーなー(そんな年寄りまで仕事続ける気か?)
じゃあね

投稿: こり | 2006/01/19 20:44

けがはまったく大丈夫でした。

高齢者ドライバーの免許については、毎年実地事件をやってみてから更新すればいいのではないかと思います。

前をお年寄りの車が走っているといつも思うのことは、やたらと脇見運転をする人が多い。それによるものかどうか・・・?遅くて蛇行運転をするもんだから、曲がるのか止まるのかわからなかったりします。(おばちゃんドライバーもそういうのが多いけど)。田舎で道が狭いので追い越してやり過ごすにもタイミングが難しい・・・。

とにもかくにも、巻き込まれないように気をつけるしかないようです。

投稿: あわたろー | 2006/01/20 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65879/8235264

この記事へのトラックバック一覧です: 1/16 車をぶつけられる:

« 1/15 いきなり家がにぎやかに | トップページ | 竹本泉 ねこめ~わく »