« 6/11 たばこ税値上げに対抗して | トップページ | 6/14 う~具合が悪いよぉ »

2006/06/13

6/13 デジカメの高画素化に疑問をもつ

リンク: @nifty:NEWS@nifty:[市況]デジカメ画素数競争再燃か? 1000万画素超の小型モデルがランキング首位に(BCN).

 これ以上、高画質にしてどうすんだ~?てのがあたしの感想。データサイズだけが大きくなって、画像処理にストレスを感じるようになるだろうし・・・。実際、プリント作業していると画像処理するのにPCの速度がついてこなくてストレスがたまるのか?デジタル一眼で撮りっぱなしのデータを送ってくる方が結構多い。また、画素数自慢のデジカメでもメモリ容量の節約なのか?そっちまで予算がなかったのか?結局は300万画素相当以下(時には640X480のVGAモード)で写している人も結構いるのであった。

 高画素になるのは結構だけれど、まともに撮るのにはリバーサルフィルムより露出に気を使うデジカメ。高感度(デフォルトでISO200~400相当)とラティチュード(デジカメの場合はダイナミックレンジというのかな?)の広い撮像素子を開発して欲しい。

 スペックだけをありがたがるユーザーをうまく騙した販売方法はいい加減にしてほしいものだ。ISO1600とか3200とか高感度をカタログ・CMやテレビショッピングで謳っているけど大概のヤツはデフォルトというか基本感度はISO50~100相当でぜんぜん高感度じゃないわけ。特にテレビショッピングの販売トークはいい加減にしろ!といいたい。簡単で凄い!ばかりの連呼で中途半端な内容。「簡単で凄い」は使いこなせる人の言えること。そういうところで購入して、店頭で何度も一式(でかいプリンタやPCまで持ち込んでくる)を持って説明を求めるお客の多いことか・・・。

 また、何でもオートで撮って色の寄った画像ばかりをプリントさせられることが多いので、高級機についているような環境光センサをつけたオートホワイトバランス載せるとかしてくれた方がよっぽど親切だと思う。

 こんな事をメーカーの人に言ったことがあるのだけど、コストがかかりすぎるのと、デジカメ自体が小さすぎてセンサーをつける場所がないそうだ。

 コスト自体は数作って売ればいくらでも下げられると思うし、処理装置自体はまだまだ小さくできると思う。確かに、最近のデジカメは筐体を小さく、液晶モニタを大きくするという相反する傾向があるので保持するスペースをかなり犠牲にしたモデルが多くなった。

 小さすぎて保持するのが難しくなるから、手ぶれしやすくなる。それを手ぶれ補正機能や撮像素子の高感度化をカタログの甘い言葉や有名芸能人をイメージキャラクタで使って誤魔化しているということにユーザーはもっと気づくべきだと思うのだが、いかがなものだろうか?

 メーカーには、大概のデジカメユーザーはレンズ付きフィルム(いわゆる「使い捨てカメラ※」)感覚でただシャッターを押している、ということをちゃんと考えて機材を開発・販売して欲しいものである。

 んま、以上が現場で販売・作業しているあたしが最近のデジカメを見て思った感想でございます。

※「使い捨てカメラ」という言葉は現代のエコロジー文化にそぐわないので使わないようにしましょう・・・

|
|

« 6/11 たばこ税値上げに対抗して | トップページ | 6/14 う~具合が悪いよぉ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65879/10508376

この記事へのトラックバック一覧です: 6/13 デジカメの高画素化に疑問をもつ:

« 6/11 たばこ税値上げに対抗して | トップページ | 6/14 う~具合が悪いよぉ »