« 04月22日 春っぽく | トップページ | 04月23日 長野インチキヒーロー 紳士に程遠い審判に捕球アピール (夕刊フジ) »

2011/04/23

04月23日 またも巨人勝たせた“ジャンパイア”の露骨な大誤審 (夕刊フジ)

りんく:http://news.www.infoseek.co.jp/topics/sports/n_npb3__20110424_28/story/21fujizak20110421006/

 そうかぁ~。巨人に有利な判定した審判を「ジャンパイア」っていうのね。そういえば対巨人戦ってどこのチームでもこういう事ってあるよねぇ~。巨人の選手って誤魔化すのがうまいのかなぁ~=^‥^?

 つ~か、守備がへったくそな選手が多いだけ=^‥^?

 昔みたいにライト線とレフト線に線審置いた方がいいんじゃないかい=^‥^?

-----以下引用-----

またも巨人勝たせた“ジャンパイア”の露骨な大誤審 (夕刊フジ)
記事写真
写真1
 8回、小笠原の内野安打の判定で一塁球審に体当たりしそうな真弓監督。2度も土山審判にやられてはたまらない(写真提供 産経新聞社)

 よくも暴動が起きなかったものだ。20日の阪神-巨人戦は、阪神が本拠地甲子園でまた新たな“ジャンパイア”の誕生に泣き、3-5で逆転負け。後味の悪さを残した。もはや善玉の阪神、悪玉の巨人という図式がくっきりだ。

 問題の誤審が発生したのは、7回裏2死一、三塁の場面。ブラゼルが高々と打ち上げた打球は右中間の浅い位置へ。二塁後方で脇谷がジャッグルして、ボールは芝にいったん落ちた。ここから脇谷があわててボールを掴んでそのまま倒れ込み、かろうじての捕球を“演出”して取り繕った。

 このプレーを約10メートル後方で脇谷の背中越しに見ていた一塁塁審の土山剛弘審判員の判定は「アウト」。真弓監督はベンチを飛び出し抗議したが、背中越しにしか見えていないプレーを「見た」と言い張られ、審判団が集まっての協議もないまま判定は覆らず。

 不信感をため込んだ真弓監督の怒りは続く8回表に爆発した。先頭の小笠原の遊撃へのゴロ打球がきわどいタイミングで一塁セーフ判定になると、鬼の形相で土山一塁塁審に詰め寄り、体に腕押しするしぐさを見せてあわや退場というほどの猛抗議で食い下がった。

 ベンチからは木戸ヘッドコーチ、岡野手チーフコーチが指揮官のエスカレートを止めに行くとともに抗議に加勢。こちらも判定は覆らず、巨人の逆転劇へとつながった。

 試合後、真弓監督は脇谷のセカンドフライのプレーについて「判定は微妙じゃない。(一塁塁審は)見えなかったんだろうな。見えている人がいたらね。(抗議は)見えてないんだったら、別の見えている人がジャッジしてもいいんじゃないかと。でも二塁塁審は多分見えていない。はっきり言って、二塁塁審は見るところがまずい」と、一塁の土山塁審の他に、二塁塁審の山本貴則審判員も背中越しにプレーを見る形となったことを糾弾した。

 判定をした土山塁審は「キャッチしたと見たので『キャッチした』と判定した。フォーメーション上、あの打球に関しては私が行くものです」と説明したが、抗議した木戸ヘッドコーチは「(ボールは)落ちているよ。杉永さん(球審)に俺が聞いたら『ジャッジはジャッジだ』とのことだった。だが間違っているものは間違っている。娯楽じゃないんだ。あれで大分違うよ。アンパイアで負けたと言われてもしゃあない」と、ジャッジミスを厳しく批判した。

 岡野手チーフコーチは真弓監督が審判に激しく詰め寄ったことについて「監督としては珍しい。冷静沈着な人が出て行った。だから止めに行ったんだ」と、真弓監督のただならぬ気迫を感じ取ったという。

 巨人びいきの判定をする審判を称する「ジャンパイア」との俗語が球界でも一般化しているが、ここまで露骨にやられては真弓監督もさすがに堪忍袋の緒が切れたようだ。

 沼沢球団本部長は「完全な落球だが、審判が落とすところを見ていなかった。NPBに(適正なプレー判定を求める旨の)要望書を出す」と憤まんやるかたなしといった様子。超満員の甲子園で公然と行われた今回の誤審。同様のケースが続くようなら、プロ野球の威信も揺らぎかねないほどのお粗末さだ。


[ 2011年4月21日17時00分 ]

----引用終わり----

|
|

« 04月22日 春っぽく | トップページ | 04月23日 長野インチキヒーロー 紳士に程遠い審判に捕球アピール (夕刊フジ) »

コメント

日曜日の朝ビデオで見ました。しっかり落としていますね。審判が信頼できないですね。審判の増員やビデオ判定が必要なってくるんじゃないかな。
解説者によっては誤審を含めて競技だっていう人もいるようですが論外ですね。審判の質もプロじゃないと競技として成り立たないなぁ。

投稿: ととち | 2011/04/25 01:33

でぃあ、ととちさん♪
いやぁ~、あたし的にはあれは仕方がないですよ。審判に見せないように落球した脇谷がうまいということで・・・。
つ~か、あれぐらい取れよプロだったら
ただ試合後のコメントと態度がいただけない。黙っていたら次の日(しつこくても1週間ぐらい経ったら)は忘れられると思うんですけどねぇ~。阪神ファンは言うに及ばず身内の巨人ファンからでさえ非難される羽目になって大炎上ですよ。本人のブログは繋がらなくなっているし、ファンサイトまで被害に遭っている模様です。
こないだのベースカバーがいないところへ送球しサヨナラ負けした中日といい、バント処理後本塁をがら空きにして点取られた西武といい・・・。草野球を見ているようですわ

投稿: あわたろー | 2011/04/25 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65879/51480553

この記事へのトラックバック一覧です: 04月23日 またも巨人勝たせた“ジャンパイア”の露骨な大誤審 (夕刊フジ):

« 04月22日 春っぽく | トップページ | 04月23日 長野インチキヒーロー 紳士に程遠い審判に捕球アピール (夕刊フジ) »