2005/01/09

マックホルツ彗星

17800006 「肉眼でも見える」とニュースで知りましてから、待つこと3日・・・やっと晴れ間がでてきました。先月の春を思わせる天候のつけを埋めるように、今月になってからは寒いし天気が悪く曇ったり雪が降ったり・・・。どうも、あたしはこういう天文イベントのある時に天気運がよくないようで・・・。 天体写真を撮る機材が全然ないので、今回は固定撮影になりました。いつかは、星野写真の撮れる機材を手に入れたいと思っています。左上のが『すばる』右下に緑色でぼぉっとしているのが、『マックホルツ彗星』です。残念なことに、尾は写っていませんでした。この彗星は太陽からやや離れて通過するそうで、劇的に尾が明るくなったり、伸びたりの変化が少ないそうです。そうなると尾を写すためにはやっぱり、追尾装置がないといけないようです。

17800021 撮影データは、ニコンF3 200mmF4 ISO800(フジフィルムヴィーナス800) 固定撮影 約3分露光 フィルムスキャナにかけたのをPhotoShopで補正・トリミングしました。撮影地は自宅の庭。昔は、星が降るように見えたのですが、街頭が増えたり、裏に学校が建って年中照明をつけているので、すっかり明るくなってしまいました。おかげで画像は、少し緑かぶりしていますね。

 試しに、オリオン座も狙ってみました。こちらは、固定撮影 露光8秒です。意外とM42星雲が奇麗に写りました。50mmで全体を入れたのも撮ったのですが、こちらは、街頭で思いっきりかぶりました。やっぱり本格的にいいものを撮影しようと思ったら、いい撮影場所を探さないといけないようです。

 手持ちのD100でも写したのですが、露光をかければかけるほど、ノイズが出まくり、どれが星でどれがノイズやら・・・。デジカメで天体撮影を・・・と考えるのには、より高度なレタッチ技術が要求されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|